Top > 文化 > 最終手段を考えよう

最終手段を考えよう

自己破産手続きでその債務に関して保証人となる人物がいる場合には、前もって連絡しておいたほうがよいでしょう。

 

ここで、強調しておきますが保証人となる人物がいるときは、破産手続き前に少し検討するべきです。

 

なぜなら、みなさんが破産宣告をして受理されるとその人たちがみなさんの義務をみな払う義務があるからです。

 

自己破産手続きの前に保証人である人にそれらの内容や現状について報告して、お詫びの一つもなければなりません。

 

そういうことは保証人になってくれた人の立場から見ると当たり前です。

 

あなたが破産宣告するために、有無を言わせず多額の負債が発生することになるのですから。

 

そうなると、以降の保証人の選べる選択肢は以下の4つです。

 

一つめは、保証人である人が「すべて返済する」ということです。

 

保証人がその高額なカネをいともなく支払うことができるほどのようなキャッシュをたくわえているならばこの手段ができます。

 

そういう場合はむしろ、あなたは破産手続きせずにその保証人に立て替えをお願いしてあなた自身は保証人である人に月々の返すということもできるのではないかと思います。

 

その保証人が良いパートナーであるのならば少しだけ弁済期間を考慮してもらうこともありえます。

 

たとえまとめて返すことができない場合でも、ローン業者も話し合いで分割での返済に応じるものです。

 

保証人に破産による整理を行われると、債権がすべて返済されないことになりかねないからです。

 

もし保証人があなたの返済額をあなたに代わり立て替える財力がない場合は、借金しているあなたとまた同じくいずれかの借金を整理することを選択しなけばなりません。

 

続く選択肢は「任意整理」によって処理することです。

 

この場合債権者側と相談することによって、3~5年の時間で完済していく方法になっています。

 

弁護士などに依頼する際のかかる費用は債権者1社につき4万円。

 

もし7社からの債務があるなら約28万円必要です。

 

むろん貸方との交渉は自分でやってしまうことも可能ですが、この分野の知識がない素人だと相手があなたにとっては不利なプランを押してくるので慎重である必要があります。

 

それに、任意整理を行うとしてもあなたの保証人に借金を立て替えてもらうことになるわけですから借りた本人は時間がかかるとしても保証してくれた人に返済していくべきでしょう。

 

次はあなたの保証人も破産した人と同様「破産する」という選択です。

 

その保証人もあなたと同じように自己破産をすれば保証人である人の返済義務もなくなります。

 

ただし、不動産などを登記しているならば価値のある個人財産を失ってしまいますし、法令で資格制限のある業界にいる場合などは影響が出ることは必須です。

 

その場合、個人再生を検討するといいでしょう。

 

一番最後の4つめの方法は「個人再生制度を使う」ようにします。

 

住宅等の不動産を残して負債整理をしていく場合や、自己破産手続きでは制限がかかる職業にたずさわっている場合に有効なのが個人再生です。

 

この処理の場合自宅は処分しなくてもよいですし、破産手続きの場合のような職種にかかる制限、資格に影響を与える制限が何もかかりません。

 

文化

関連エントリー
最終手段を考えようテスト