Top > 趣味 > 分かりやすく説明

分かりやすく説明

特定調停による処理も任意整理と変わりなくお金の貸し手への債務の返済を行っていくことを選択した債務の整理の選択となります。

 

分かりやすく説明すると裁判所が関与する借金整理ということができます。

 

この特定調停という方法も任意整理による方法と同じように、破産申告と異なりある部分だけのお金のみを処理していくことが可能なため他の連帯保証人が関連する借入以外について手続きをしていく際やクルマのローン以外で処理していく際などにおいても検討することも可能ですし、財産を放棄してしまう必要がないためマンションなどの個人資産を所有しているものの放棄してしまいたくない状況であっても活用可能な借金整理の手順になるでしょう。

 

いっぽうで、これから返済していく額と実現可能な手取り額を検討し、常識的に見て返済の計画を立てられるのであればこの手続きを取ることは問題ありませんが自己破産とは違って返済義務自体がなくなるという意味ではありませんので、負債の量がかなりになる状況では現実問題としてこの特定調停という手続きを進めることは困難になると判断することになるでしょう。

 

それから、この特定調停は国の機関が介入するので専門家にゆだねなくても不利な立場に立たされるようなことにはならないという点とか、お金を節約できるというポイントはあるのですが債権者それぞれのきびしい取り立てに対応していくことになる点に加え実際の裁判所にことあるごとに行く必要があるというような要素もあります。

 

さらに、任意整理と比較してみるとこの方法により和解が成立しないような場合は求められている利息をすべて含めた計算で振り込んでいかなければいけないことやあとから見ればそれら債務者に返していく合計が任意整理による手続きの場合と比較して割高になる傾向にある等の注意が必要な点もあります。

 

趣味

関連エントリー
分かりやすく説明テスト